使用環境
▼対象環境について
OS・ブラウザによって、一部のサービスを正常にご利用いただけない場合がございます。
Windows:
InternetExplorer5.5以降
Netscape7.0以降
Macintosh:
MacOS X
InternetExplorer5.0以降
Netscape7.0以降
でご覧ください。
定番カテゴリー
91件〜100件を表示中  << < 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 > >> 
横峰寺の星が森
『あほるままさんのブログ』
「60番横峰寺から61番香園寺までの遍路道を歩く」行事を、高松市ハイキング協会が平成13年10月14日に実施した。 私が担当しての行事であった。秋晴れの好天気に恵まれ、無事96人が完歩出来た。 このような行事の時は、担当者等は、下見・・・
[ 投稿日時:2006/05/13 19:23 ]
一日中雨なれど、念ずるところあれば雨も苦にならず
『あほるままさんのブログ』
今日の行程 ホテル発7:40〜59番国分寺〜62番宝珠寺〜63番吉祥寺〜伊予氷見駅14:25発で高松へ。 歩行距離22.8q  雨支度で出発が遅れた。順番通りであれば、60番横峰寺〜61番香園寺と進むのだが、雨天と行程の関係で後日・・・
[ 投稿日時:2006/05/11 19:01 ]
新装の仙遊寺
『あほるままさんのブログ』
2日目の行程 民宿7時発〜54番延命寺〜55番南光坊〜昼食〜56番大山寺〜57番仙遊寺〜ホテルコスモ18時着 泊 歩行距離29.6q 伊予亀岡駅を過ぎ、遍路道の分岐点で、自転車の男性が案内してくれた。 自転車を押しながら「1番か・・・
[ 投稿日時:2006/05/10 19:10 ]
鬼瓦の生産地「菊間」で泊まる。
『あほるままさんのブログ』
「高浜虚子先生 生家池内邸跡」の石碑が、風早八十八ヶ所47番阿弥陀堂先の運動場内にあった。 回り道をしなくても、丁度写真を撮りやすくしたのか、金網がそこだけ破れていたので道から撮した。 高浜虚子は、祖母方の高浜姓を継いだもので、生家・・・
[ 投稿日時:2006/05/09 18:59 ]
53番円明寺境内で
『あほるままさんのブログ』
53番円明寺山門から中に入ろうとすると、同年代の男性から「お婆さん! これ、傷物だけど・・」と伊予柑を車から降ろして持ってきてくれた。 同年代の人から、初めてお婆さんと呼ばれただけにどきっとした。お詣りの後で、洗面所で菅笠を脱いで鏡で・・・
[ 投稿日時:2006/05/08 19:10 ]
松山からの遍路(52番太山寺から)
『あほるままさんのブログ』
話の月日が前後しますが、札所の順番に書いています。ご了承下さい。 私の区切り打ち遍路で、時期の選びかたは、  ・真夏を避ける。(歩くだけであれば寒い方が歩きやすい。  ・ 冬季の久万地方、高地の横峰寺、雲辺寺、燒山寺は、積雪・凍結・・・
[ 投稿日時:2006/05/07 19:36 ]
山頭火終焉の地「一草庵」による
『あほるままさんのブログ』
48番西林寺、49番浄土寺、50番繁多寺、51番石手寺までは寺の間の距離も少なく、団体バスの人から「歩く人も変わらないね」と言われる事もある。 正午に、石手寺山門に辿りついた。観光の場合や、温泉からのお参りの際は、寺の正面から眺めることが・・・
[ 投稿日時:2006/04/30 18:58 ]
悲しき物語の文殊院
『あほるままさんのブログ』
47番八坂寺から文殊院による。 文殊院は、四国遍路の祖と言われる衛門三郎の屋敷跡である。次々と亡くした8人の子供の墓が並んでいる。衛門三郎は無信心で強欲であったので、乞食に来た僧(実は、弘法大師)に邪険にあしらい、そのため不幸が続いたとの・・・
[ 投稿日時:2006/04/29 19:05 ]
三坂峠を下る
『あほるままさんのブログ』
45番岩屋寺から、次の46番浄瑠璃寺への道は大宝寺近くの峠御堂トンネルを通って、国道33号線に出るのが最も近い。久万川には、鯉のぼりが泳いでいて、のどかな風景であった。
[ 投稿日時:2006/04/28 20:50 ]
古岩屋莊から岩屋寺往復
『あほるままさんのブログ』
昨夜泊まった古岩屋莊は、国民宿舎だが、風呂も立派で食事も美味しかった。
[ 投稿日時:2006/04/27 19:06 ]
91件〜100件を表示中  << < 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 > >>