研修支援高松さんのブログ
ブログに書込みできません
研修支援高松
・研修資料のありか情報 ・研修受講記録の要旨 ・受講希望するテーマの手持資料 ・ 持ち寄り参考事例  ・刊行物による資料に限定 ・ コメント(誤の指摘、自説、質問、関連記事のありかなど)の送稿を歓迎
≫ 詳細はこちら
<  2018年12月  >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ブックマークする
メッセージを送る
友だち申請をする


全体表示(780

定番ジャンル(2)
  • うどん(0
  • まち・生活・学校(0
  • 観光・レジャー(0
  • 文化・伝統(1
  • 自然・環境(0
  • 歴史・文学(1

マイジャンル(24)
  • さぬき (0
  • 行組法5条 行政事務の分担管理 (1
  • 労組法7条 (1
  • 織田豊臣期の水軍 (2
  • 行政不服審査法 (0
  • 一般社団・財団法人法 (20

ブログ内検索

メニュー

最新コメント

アクセス数
今日のアクセス数 3
昨日のアクセス数 2
総アクセス数 56370
2018年12月31日
31.1.10 NHK

商工会アンケ−ト結果

現行は希望者には六十定年が義務化されている
 
これを全員義務化する案について

中小企業では半数の企業が

65歳までの

雇用義務化に反対か困難

内訳 義務化反対 30%

 導入困難 20%


政策の支援策 の要望

1 雇用そのものへの助成金 74%

2 賃金への助成金 52%

3 病気の時 雇用契約を円滑に

解消できる制度の創設 46%
−−


30. 8. 11 四国 3面

定年を段階的に 65歳に延長するこをもとめる

意見書が 

国会と内閣に提出された

現在のこうむいんの定年は 60歳である
−−

人事院からの意見の申し出

30 8 10 意見提出 

人事院月報2018 . 9月 95頁

定年延長の意見の骨子


延長の理由 高齢層の活用を

延長の場合の給与

民間の雇用実情から 60をこえる職員給与は7割水準

役職定年制

当分の間 役職に定年制を 60以後は他の官職に

降任または転任の任用換えを

60以降の職員を再任用して短時間勤務する制度の

導入を

−−

現行の 60定年の制定の前

勧奨による退職が行われていた
−−
30. 12. 24 NHK TV

OECD 総長首席補佐官 が 提言した

定年制よりも 能力給の導入を

理由は 日本の高齢者の雇用の現状は非正規雇用で

ある この是正を
−−
現行 60歳定年制の制定の経緯

公務員調査会の答申

 昭和30. 11. 15 職郡別の定年を

改正案 

55以上65以下の範囲内で官職分類に応じて定年設定

39. 7.2 政務次官会議

かなり細分化された職種別に定年設定を

季刊人事行政 1976夏号 84頁
−−
09 頁
官民の状況

民間賃金 毎勤では所定内 昨年比 0.7増

旧現業の給与改定 0.38パ−セントの原資で引き上げ

有識者意見 現行水準は妥当との意見が賀多い

民調結果 0.16パ−セントの格差
−−−
31 1 20 四国 2面

定年を延長する無法案は通常国会 1・28予定 には

提出を見送る

理由は 公務員融合との批判 招きかねない

政府の検討案

現在の 60歳を2021から 3年ごとに 1歳延長する

33年度で65歳へ

役職定年制 60で管理職を降格させる

定年延長後の給与は60になる前の約 7割と設定する


定年延長により新規の若者の採用が抑制される
−−−
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=451053
2018年12月27日
介護保険法

ケアマネジャーが専門員の証を受けずに

業務を行ったとき

県が行う登録の消除について

情状が特に重い場合に限る

これにより 介護人材の確保に資する
−−−
地方自治 30.10号 34頁

慰安を募集して改正する方式は四年目を

終えて 改革の小粒化も指摘

しかし 地道な取り組みを重ね課題解決が肝要
−−
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=450716
保健師所産師看護師法の改正

第八次 地方分権 一括法の改正内容

准看護婦試験の実施

について

指定の試験機関への事務委託が可能とすることにより

県の事務負担の軽減をに資する
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=450714
2018年12月26日
地方自治 30. 10 号 31頁

修学前の子供に関する教育保育唐の総合的な

提供の推進に関する法律


幼保 連携型のこども園の床面積の「基準」を「標準」に

規制が緩和された

待機児童の解消に努める

施行日は公布の日 30. 6. 27から三月を経過した日



[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=450595
地方自治 30. 10 月 31ぺージ

修学前 教育 保育 総合的な推進法

子供子育て支援法



こども園は 幼保 連携型以外のものに限り

県から中核市へ認定等の事務を

委譲する

中核市における窓口の一本化 計画的使節整備による

子育て環境の充実を図る

[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=450594
2018年12月24日
地方自治 30. 10月25ページ

第八次 地方分権 一括法 30. 6. 27公布

県が被災した市への応援をもとめることについて

応援する職員の派遣の根拠や

派遣の費用の負担 .職員に対する指揮監督の在り方

を規定する

地方団体間の広域での応援態勢を強化した

施行時期は 公布の日 30.6.20 である






[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=450493
2018年12月23日
29 重判解説 51頁

議会の裁量権の逸脱があると

違法となり 債権放棄は無効となる

−−
29年の地方自治法改正により 是正した

賠償責任を見直す改正された

すなわち

長や職員に善意で重大な過失がないときは

賠償金額を限定し

それ以上の額を免除する




[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=450413
2018年12月06日
30 法 51 号
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=449240
30年 法 48 号

74頁
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=449239
30 年 法 39 号

 74頁

教育用図書に代えてデジタル教科書を使用できる

こととする



[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=449238
ジュリスト 2018 10号 72 74頁

一部改正法 30年 法律 30号

複製をより円滑に行えるようにするための措置を講ずる

マラケシュ条約に対応するための改正

視覚障害者の権利制限

規定の対象者の範囲拡大する



電子計算機における著作権の付随利用

学校におけるの複製の円滑化のための措置





[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=449237