あほるままさんのブログ
ブログに書込みできません
あほるまま
≫ 詳細はこちら
<  2006年06月  >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ブックマークする
メッセージを送る
友だち申請をする


全体表示(2900

定番ジャンル(136)
  • うどん(1
  • まち・生活・学校(13
  • 観光・レジャー(73
  • 文化・伝統(40
  • 自然・環境(8
  • 歴史・文学(1

マイジャンル(56)
  • 生活 (3
  • 旅行 (1
  • 遍路・お詣り (6
  • ボランティア活動 (2
  • 絵手紙(友達) (3
  • 屋島ガイド詰め所 (10
  • 要約筆記 (3
  • 絵手紙 (28

ブログ内検索

メニュー

最新コメント

アクセス数
今日のアクセス数 5
昨日のアクセス数 221
総アクセス数 511831
2006年06月29日

暑い暑い云うて困ります。


[ 19:02 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
暑いですね。家で一番暑さに弱いのは、私のパソコンです。一生懸命冷やしているので、時々うなり声を出します。
今まで家にはクーラーが無く、団扇と扇風機で済ませていたのに、パソコンのために一つ奮発して昨年クーラーをつけました。

明日葉は、今日切っても明日には又新芽を出すという植物です。

くじけそうになる人、病気療養中のの方にお見舞い申し上げます
自然の風に風鈴はよく似合うのですが・・・
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=28061
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/29 21:12 ] Re:暑い暑い云うて困ります。
ほんとに暑いですね。
今日は、四国の剣山に登りました。暑くて、あつくてばてました。汗がぽとぽと、したたり落ちました。こんなことで、高い山に行けるのかしら?
2006年06月28日

要約筆記ボランティアー


[ 18:15 ][ まち・生活・学校:NPO・団体・市民活動 ][ 要約筆記 ]
難聴者への情報保障として、言葉を文字に換える要約筆記があります。

さぬき市の要約筆記ボランティアグループ幸のメンバーは、今日午後から、難聴者グループと一緒に「手作りアルバム作り」をしました。
写真を5枚持参して、自分で編集するのですが、私は「○○ ファミリー」として、私ども夫婦や子供、孫の写真を用意して作りました。

私の手作りアルバムです。
午前中は、幸で今年度購入したOHCの機器設置の勉強会から始まりました。
今までのOHPの模様です。目を保護するために色眼鏡が必要です。

今日のアルバム作りは、愛犬中心の人、花の写真、旅行の思い出、子供の写真オンリーなどそれぞれ個性があって素晴らしいアルバムが出来ました。

創造性や美的感覚に、もうちょっと・・という私は、サポーターというより、自分のアルバム作りに精一杯で、難聴者協会会員の素晴らしい出来映えを真似するのが精一杯でした。
今日は、午前中勉強会に続いて、午後は、お菓子を頂戴しながら、アルバム作りで楽しい一日を過ごせました。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=27903
コメント
From:レンズ豆さん
マイブログ ] 
[ 2006/06/29 00:10 ] Re:要約筆記ボランティアー
あほるままさん、お久しぶりです。
素敵なアルバムができていますね!
お疲れ様でした。
幸もOHCを買われたんですね。
目にもやさしいし、パンフレットなども簡単に映せるし、OHCは便利ですよね〜。
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/28 20:01 ] Re:要約筆記ボランティアー
ボランティアもしっかり頑張ってらっしゃいますね
すごいなあ!と思いながら私は、山登りの疲れが取れたら又次の予定です。
2006年06月27日

梅漬けで疲れました。


[ 20:22 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
朝一番に紅紫蘇を買ってきて、紫蘇を揉み、梅漬けに入れました。
新しくゴム手袋を買っていたので、爪が紅く染まらなくて後の外出に困りませんでした。
そうでなければ手が真っ赤になります。

そうそう、時間がある限り行くように努めている水中ウオーキングには、行きました。
だから余計疲れたのでしょう。
庭のビワもちぎりました。

それで、今日の仕事一応終了。
疲れたので掲示板お休みの予定でありましたが・・・・



水着姿は公開できませんので、古い絵手紙を付けます。
ハイビスカス
びよう柳
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=27747
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/28 08:53 ] Re:梅漬けで疲れました。
いつもすばらしい絵。そのうち個展開いてください二人展?作品だいぶ出来ましたでしょう。
From:みちきさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/28 06:00 ] Re:梅漬けで疲れました。
おはようございます、素晴らしい趣味、良いですね、
簡単に書いてるように思いますがーーー なかなかムツカシイのでしょう。
楽しみにしています、ありがとう。
From:ちえぞうさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/27 22:40 ] Re:梅漬けで疲れました。
ままさん、こんばんは。
今まさに、我が家の梅酒を飲んでます。
おいしい!お友達にも好評でした。
2006年06月26日

雨の日には赤い花が


[ 18:51 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
今朝雨が降っていたけれど、鴬が鳴いていました。
昨日、家で座っていたけれど聞こえなかったんです。

ああ・・今日は月曜日だから、仕事はじめかな・・・なんて話しをしました。
誰でもWEBの「私の絵手紙」の絵を入れ替えました。
文章は、ぼつぼつ入れます。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=27562
コメント
From:かあちゃんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/26 18:27 ] Re:雨の日には赤い花が
辻様の絵手紙には特徴が良く出ていて、何時も感心して拝見しています。
梅は体に良いと解っていても、すっぱいのに弱い
私は、なかなか食べられず、でもこの頃はすっぱいのが少なめのが出て、少し食べられます。
2006年06月25日

雨の日曜日には


[ 18:11 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
家に2本ある豊後梅から、10キロ余り梅が採れました。

毎年梅ジュース、梅酒等も作りますが、今年は梅干しだけにします。
いつも聞いているウグイスが、雨で日曜日しているのか聞こえません。
10年前の壮快という雑誌から、梅干しの効能を改めて読み直しました。

夏ばての食欲増進
整腸
疲労回復
老化やがん予防
胃粘膜の保護
骨の強化
等々です。

他の食品と上手に組み合わせてのことですが。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=27442
コメント
From:ちえぞうさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/26 09:15 ] Re:雨の日曜日には
ままさん、アドバイス、ありがとうございます。
去年、梅酒つけたんです。
つけたはいいが、どうしよう?って思ってたんで。
これからぐびぐび飲みます。
実を使ったゼリー、作ってみますね。
From:みちきさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/26 00:32 ] Re:雨の日曜日には
おはようございます。
From:ちえぞうさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/25 20:41 ] Re:雨の日曜日には
あほるままさん、こんばんは。
できあがった梅酒って、ガーゼでこした方がいいのでしょうか?初歩的質問ですが、よかったら教えてください。
残った梅も食べていいんですよね?
2006年06月24日

詰め所から(男性の一人遍路)


[ 22:22 ][ まち・生活・学校:NPO・団体・市民活動 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
先日夫婦の歩き遍路が、詰め所内で口論になったことを書きましたが、歩き遍路で一番多いのは男性の一人旅のようです。
男は強い、と思います。二人連れで歩いて行く遍路さんは珍しいのです。
会社勤めでは仕方ないが、自由の身になって、他人の体調に合わせ、他人の会話に相づちを打つ生活をしたくないのでしょうか。

皆無とは云いません。同級生であった、同じ職場であった等という方も見かけますが、そんな方は、区切りうちで、約1週間を観光しながらゆっくりとした遍路をする高齢者が多いようです。
気ままな旅の中にも、遍路宿では遍路同士が一緒に飲んだり話をしたり、宿の女将さん相手に話をして居ます。

日中は、一人で景色を見ながら、マイペースで歩く遍路は、退職後の男性にとってあこがれにもなっているようです。

屋島寺から八栗寺へ向かう遍路道を、今日午前10時から午後3時までの間に、高齢者で一人歩きの遍路を、二回見かけただけです。

この頃は、梅雨を避けるためか、団体さんばかりです。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=27366
2006年06月23日

映画「バルトの楽園」を見る


[ 18:57 ][ 文化・伝統:現代文化・芸術・芸能 ]
久しぶりの映画館での鑑賞でした。

平日ですが、シルバー割引?と思われる人でほぼ満席に近いようでした。

映画の最後第九の合唱の歌声はすばらしかった。右は、日本における第九初演の地の「鳴門第九演奏会」
映画を見る前に鳴門のロケ村を見学したことを前に載せましたが、ロケ村の見学よりも、その時代の坂東付近の生活ぶりや、国際条約の概要を知っていなければ、映画を見ても上滑りになるような気がしましたので、
要点だけ述べます。

1 大正初期の坂東の農民では、電灯も無い、ランプでの生活であった。

2 ドイツは、戦争に敗れたものの、科学技術面などは日本より数段進歩していた。

3 国際条約で、捕虜の生活保障は、階級に応じて、これまでと同額の給金が支払われた。
 だから、収容所内の、バーに出入りできる将校も居たわけである。
収容所内での印刷物、食料品の調達もできるだけ自分たちで行い、収容所内の兵の特技を生かしたパン作り、土木工事なども出来た。
収容所内の鶏舎
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=27242
コメント
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/24 01:40 ] Re:映画「バルトの楽園」を見る
映画を生活の中に位置づけることは豊かさの一歩につながりますね。
小さい時、祖父に日露戦争に従軍した時の話を聞いたことがあります。古い古い出来事ですが歴史はこうした思いの中でも伝えられるのですね。
近代の日本でも20年、30年おきに戦争が生活の傍にしのび寄っていたことが知れますが、その中での人間愛もわずかに偲ぶことができ救われます。
平和に生かされてもらえる幸せを感謝する次第です。
From:さかな情報さん
マイブログ ] 
[ 2006/06/23 23:28 ] Re:映画「バルトの楽園」を見る
こんばんは。 一度鳴門の資料館にも行ってみたいです。菓子職人とかも有名で、興味があります。
2006年06月22日

畑からの直行便


[ 20:33 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
昨日貰ったジャガイモは、肉じゃがにしました。
ぺろっと皮がむけて、ほくほくとして、新じゃがそんものでした。
曲がっていようと何だろうと、花のついたままの胡瓜。
甘い!何にも調味料は要りません。
今年は表年だそうです。沢山ビワがなりました。

真っ赤に熟したものは美味しいですね。

私は、何を食べても当たらないし、豚みたいと言っていますが、昔ビワを食べ過ぎて、お腹を壊し、学校を一日休んだことがあります。
未だ食料も豊富でない時代でしたから、ビワの食べ過ぎだと友達に云ったら、うらやましがられました。
以来、中の薄皮など丁寧に除いて消化不良にならない程度に食べています。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=27085
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/23 12:59 ] Re:畑からの直行便
絵手紙は、写真と違った心が伝わってきます。
今、きゅうりが一番おいしい時ですよね。夫もまがったきゅうりを作るのが得意です。
From:みちきさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/23 11:52 ] Re:畑からの直行便
おはようございます、本格的に梅雨に入ったようで〜 ない様で〜 お遍路さんもーーカッパ着ていました、信心と言うのは〜 修行は大変ですね。
地図をかたでに〜その人たちの灯台としてのボランチア〜 ガイドさん大変ですね、頑張ってください。
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/23 02:16 ] Re:畑からの直行便
次々とたくさんの作品が生み出されるものだと感心します。
こうして掲示板で並べて拝見すると、また違う魅力がありますね。
ところで、山上のボラガイドの詰所で、お客様を待つ間に筆を持つなんてこともあるのですか?
2006年06月21日

ご近所さんからのもらい物


[ 18:53 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
玉葱をくくったままいただきました。吊して保管しています。うれしい贈り物有り難う。
土の付いたジャガイモ一箱いただきました。
ニンニクです。皮を剥いた白いのもきれいですが、元はこんなものです。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=26886
コメント
From:さかな情報さん
マイブログ ] 
[ 2006/06/22 16:57 ] Re:ご近所さんからのもらい物
こんにちは。 とってもおいしそうな玉ねぎですね。
文字とメッセージも、美味しさをひきたてているようです!
From:クンチャンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/21 20:58 ] Re:ご近所さんからのもらい物
あほるままさん こんばんは〜!
絵手紙を拝見して・・・
何時も上手〜く表現なさってるナー!と。
そして絵に添えられた味のある言葉にも感動しています。
美味しそうな”産直野菜”を有難うございました。
2006年06月20日

足のお守り有り難う


[ 19:02 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
清水寺の足のお守りをメール友達が送ってくれました。

直すのは、自分ですが心配してくれる人がおり、見守る仏様がおりますので、リハビリにも精が出ることでしょう
お守り有り難う。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=26741
コメント
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/20 21:53 ] Re:足のお守り有り難う
さっと筆を執って、思いを表現できるなんて
なんと素晴らしいことでしょう。
何百枚もの作品は、どのように整理されているのか、興味あるところです。
2006年06月19日

詰所から(讃岐うどんのハシゴ)


[ 20:35 ][ うどん:めん情報 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
屋島観光ボランティア協会詰所で居ると、昼頃一番多いのが、
ここら辺で「讃岐うどんの美味しいところ教えて!」
と入ってきます。

ガイドは、特定のお店を紹介することはいたしませんので、これから行く方向を聞いて、「何軒かあるので、何処に入っても好みで違うが、何処も美味しいですよ。」
と答えます。

特定のうどん屋を名指しで聞く場合は、勿論知っている範囲で答えます。

屋島観光以外の、特に「うどん屋」の所在地については
ガイドの必要知識なのでしょうか。
ガイド詰め所には、県・市等の観光ポスターを貼っています。

昨年のNHK大河ドラマ主人公の義経のポスターをほしがる人もありました。

若い人では、うどんのポスターの前で写真を撮る方も多いんですよ。
車で若者が1台の車でやってきて、
「午前中2軒回った。
しばらく腹ごなしに屋島観光しようと上がってきた」
「ちょっと腹を空かせて、又2軒回る」
と効率よくうどん巡りをしているグループも居るんです。
讃岐うどん、恐るべし
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=26604
2006年06月18日

今日は父の日(絵手紙)


[ 22:00 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
今日は「父の日」だから
パパは、「大きいの沢山上げるよ」と言うけれど、
今日だけは、欲しいけど我慢しょう・・・
何歳になっても父は父
今日は父の日、親父の日
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=26488
コメント
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/19 00:54 ] Re:今日は父の日(絵手紙)
絵手紙の語りかけは、どんな言葉でも心にしみわたりますね。
父の日のプレゼントは
まごベエの笑顔がいちばんでした。
From:かあちゃんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/18 22:05 ] Re:今日は父の日(絵手紙)
先輩は本当に何でも出来るのですね。感心します。今日の日ハイは暑くて疲れました。写真は遅すぎました。

85番への出発


[ 19:30 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
屋島観光ボランティアガイド詰所の南側は、84番屋島寺東門から出て、八栗寺への出発地点でもあります。

屈強な若者遍路さんも、可愛い野良猫に目をとめて、心癒される一時があるのですね。
談古嶺に向かう。
ウオッ!

素晴らしい景色だ!





こちらがびっくりするほどの声を出して感激されます。

もうすぐ結願だ。よくやったと思う充実感、苦しかったこと、うれしかったことなど思出されるのでしょうか。
雨上がりに、まめだらけの足をなだめ、賞めてやり、感謝して、休ませているお遍路さん。
あの山まで、降りて又登るのか・・・・
よし!行こうと立ち上がって準備するお遍路さん。

ここまで来たお遍路さんは、皆さん良いお顔になっています。

お気をつけて!
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=26462
2006年06月17日

<b>元気YASHIMAを創ろう会がお接待</b>


[ 21:33 ][ まち・生活・学校:NPO・団体・市民活動 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
元気YASHIMAを創ろう会が、午前中ガイド詰所の前で、お遍路さんに、お茶のお接待をして居られました。
創ろう会の元気な方ばかりが、お遍路さんに「元気の出るお茶、おせんべい」をお接待しました。

今日のメンバーは、昭和30年代に屋島中学を卒業した同級生が、中心だそうです。
お茶をいただいた上に、年齢よりも若い感じの元気な人達の声を聞いて、私も少し元気を貰ったように思えます。
今日は梅雨と田植えの時期のため、団体さんや歩き遍路の方も少ないほうでしたが、思わぬご馳走に皆さんお喜びのようでした。
詰所の東側の「血の池」では、睡蓮もきれいに開いてお客さん方に喜んで貰いました。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=26364
コメント
From:はーちゃんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/18 20:19 ] Re:<b>元気YASHIMAを創ろう会がお接待</b>
屋島復活を願っている一人です。こんないいロケーションは全国でも通用しますよネ!!ケーブルも早い復活を・・・。スタッフの皆さんによろしく!
From:えり子先生さん
マイブログ ] 
[ 2006/06/18 10:37 ] Re:<b>元気YASHIMAを創ろう会がお接待</b>
コメントありがとうございました。
屋島はもっと元気になって欲しいですね。
ケーブルカーも再開して、ノスタルジックな雰囲気をお遍路さん・旅行者の皆さんに楽しんで欲しいですよね。
2006年06月16日

<b>ガイド詰め所から(夫婦仲良くしてね!)</b>


[ 19:15 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
屋島寺東門から出てきた遍路二人連れが詰め所に入ってきました。
遍路宿についての質問でした。
今日の行程を聞いて、助言をしょうとすると、奥さんとご主人の意見が分かれ、
「だから云ったでしょ」
「やかましい・・・」
と険悪な雰囲気になりました。

疲れているのでしょうね。どちらとも。
詰め所から出て、休憩所で休憩して居たのか、20分過ぎた頃、二人は次の85番の札所へ通じる遍路道を揃って歩いていました。
心配したのに・・・。

夫婦で歩き遍路をするには、体力が揃っていなくては出来ないことです。

けんかしながら歩けるのも、二人揃って元気なことで、うらやましい限りです。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=26167
コメント
From:とんまてんぐさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/17 09:20 ] Re:<b>ガイド詰め所から(夫婦仲良くしてね!)</b>
コメントありがとうございます。
自分の足腰をかばいつつ、パートナーのご機嫌をうかがいつつ、無事尾瀬から帰ってこれました。
確かに、グループの中だと、危機回避できますねえ。
From:はーちゃんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/17 05:47 ] Re:<b>ガイド詰め所から(夫婦仲良くしてね!)</b>
人事ではありません。家でも年中ですが・・・・。しばらくすると何が原因だったか?わすれてます。年取るのもいいことですね。
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/16 22:46 ] Re:<b>ガイド詰め所から(夫婦仲良くしてね!)</b>
大分前に同じような話を、笑いながらご本人に聞いたような記憶があります。
今も屋島のメンバーでしょうか、○神さん。
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/16 20:53 ] Re:<b>ガイド詰め所から(夫婦仲良くしてね!)</b>
ほんとに疲れてくると不機嫌になりますね。
遠慮の無いところがいいような悪いような!
私たちも山も出来るだけグループに入ることにしてまーす。
2006年06月15日

セラピューティック・ケア・サービスのボランテイアーに初参加


[ 20:20 ][ まち・生活・学校:NPO・団体・市民活動 ][ ボランティア活動 ]
セラピューティック・ケア・サービスで、町内ケアハウスの慰問に行きました。

セラピューティック・ケア・サービスは、首と肩のマッサージとハンドケアーをするもので、静かにマッサージするものです。

初めての慰問で、希望者も多かったので、今日は手・腕だけのマッサージに終わりました。
半身が不随という方も居られましたが、軽くマッサージしながら、お話をしている内に、掌から心のぬくもりが伝わって来るようになり、うれしそうなお顔を見たり、お礼の言葉を聞くと、胸が熱くなりました。
今日は、日本赤十字奉仕団古高松分団員が揃ってゆきました
この施設でのサービスは初めてで、「又来ますから、お元気でね」と申しますと、手を合わせて喜んでくださいました。
ボランテイアー冥利に尽きました。

人様の手に触れるので準備も要ります。
手の消毒液、タオル、テッシュペーパー、手枕、ハンドクリーム、自分自身の手の手入れ等々
レクレーション室で体操するホームの人達。
私たちも、一緒に体操をしました。

立派な施設でした。おやつも美味しそうに召し上がっていました。

ホームの方が喜んでくださったのは、施設や、待遇では十分でも、外部の方とのふれあいがあったからでないでしょうか。
私自身、初めての参加で、セラピューティック・ケアの講習を受講して日も浅く、経験不足なので少し疲れましたが、充実した半日でした。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=26022
コメント
From:クンチャンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/15 22:14 ] Re:セラピューティック・ケア・サービスのボランテイアーに初参加
こんばんは〜!
心温まる「セラピューティック・ケア・サービス」のご紹介を有難うございました。
掌から心のぬくもりが伝わって来るようになり・・・
素晴らしいボランティアをなさっていらっしゃいますね。
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/15 22:10 ] Re:セラピューティック・ケア・サービスのボランテイアーに初参加
セラピューティック・ケア・サービスをもって施設訪問されたんですね。
あほるままさんが仰るとおり、施設外の方との交流や、手を握ってお話をすることでどれだけ元気とやる気を取り戻すか、はかり知れない大きな贈り物をされましたね。
2006年06月14日

<b>お茶会デビュー</b>


[ 18:57 ][ まち・生活・学校:学校・こども・教育 ]
日曜日玉藻公園でのかまど茶会は、膝を壊して正座が辛いので、出席は息子一家に頼みました。

庭園で遊ぶ予定であった小学生の孫もお茶会について行きました。
新緑の公園は、江戸時代に戻ったような雰囲気ですね。
孫は、待合で梅ジュースを飲んだら、
「梅酒のジュースのように酔った気分になった。」
と言っておりました。

お菓子も、お茶も横のママの様子を見ながらいただけたそうです。

もう一服、如何ですか?といわれると、
「もう、十分です」と応えると教えられていたが、お姉さんが黙ってお茶碗を引いていったので、この言葉を何処で云おうかと最後まで気になったそうです。
お手前の間、じっと座っているだけでも良い体験だったと祖母は思います。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25882
コメント
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/14 22:14 ] Re:<b>お茶会デビュー</b>
おばあちゃまを囲むご家族の姿が浮かびます。
あほるファミリーの幸せバージョンをそっとちょうだいいたします。
From:かあちゃんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/14 21:21 ] Re:<b>お茶会デビュー</b>
今晩は 膝も大分良くなったとか・・・・良かったですね。 生活を楽しんでいる様子が良く解ります。
無理をしないで下さい。
From:よしおきさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/14 21:04 ] Re:<b>お茶会デビュー</b>
今晩は、ご無沙汰していますお孫さんと楽しいひと時を楽しまれたようで良いですね。玉藻公園は綺麗ですね。
2006年06月13日

絵手紙・・今年の梅雨は・・


[ 19:10 ][ 文化・伝統:若者文化・その他 ][ 絵手紙 ]
デジカメを買って1年過ぎました。便利ですね。

私の写真は粗製濫造?
今年の梅雨と言えば・・
私の山登りと解く・・・・・・・その心は
「中休みが多い」

お出かけの時だけは降らないで!
勝手な願いですね。
白い花は、薄暗いところによく似合う。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25783
コメント
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/14 00:21 ] Re:絵手紙・・今年の梅雨は・・
きょうは男木島へ行ってきました。
前にワンゲルで男木の海こぎをして島一周した話を聴いたような気がしますが・・・・・
香川町のT本さんお知り合いでは? きょうも会いましたが彼女も男木で「海こぎをしてたまげたけど、いつまでも懐かしく話題になるわ」と言っていました。
きょうは、まどかさんのボートで一周ルートの海上視察をしたのですが、干潮時間なら十分安全に濡れないで回れるような手ごたえがありました。
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/13 21:19 ] Re:絵手紙・・今年の梅雨は・・
頑張っていらしゃいますね!
私はすこし疲れましたので2,3日お休みしました。18日は翠波峰のサポートです。また見てください。
2006年06月12日

観光を支える人々


[ 18:50 ][ 観光・レジャー:祭り・イベント ][ ボランティア活動 ]
さぬき市の亀鶴公園の花菖蒲を見に行きました。

昨日菖蒲祭りがありましたが、人混みが苦手の方なので、今日行きました。

イベントの後始末も大変ですね。
遠方から見ると一瞬、何だろう?と思いました。花殻を取り除くお年寄りの姿でした。

背をかがめて、しぼんだ花を摘む人が居ればこそ、いつまでもきれいな花が眺められるのですね。

ご苦労様です。
今日はゆっくりと花が見られますよ!

車いすを押す高齢者。乗っているのは奥さん?
心温まる風景でした。
車いすに座れない人を乗せて、花を見せていました。
花をバックにして、「ハイ、にっこり・・」とカメラマンが呼びかけると、寝たままの人は、にっこりとほほえんでいました。

やがて、私もお世話になると思うのですが、うれしそうに笑った表情が印象的でした。

さぬき市の鴨部川岸に紫陽花を植えて、きれいに咲いていると聞いて、寄りました。

保育所の子供が手をつないで歩いて来ました。

河原に降りてはしゃぐ子供に細心の注意をして見守る保育士さんは、ゆっくりと花は観賞できないでしょうね。ご苦労様です。

今日は、紫陽花と花菖蒲を見せて貰い、楽しい半日でした。
花の写真も写せましたが、陰で支える人々が目につきましたので、そのほうを掲載します。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25661
コメント
From:はーちゃんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/13 13:26 ] Re:観光を支える人々
ほんとにイベントは縁の下の力あってこそですよね。子ども会のお世話をしていた頃を思い出します。最近は人のお世話になってばかりで、裏方さんたちのこと忘れてました。少し反省しながら読ませていただきました。
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/12 23:03 ] Re:観光を支える人々
つどいや生活の中に息づく草花の姿は、えり子先生も書いていましたが、ひとも同じ森羅万象の仲間だと思わせてくれますね。
水辺でくつろぐ保育園児の画像、秀逸です。
2006年06月11日

ガイド詰所から(昔の記憶を呼び覚ます瓦投げ)


[ 18:54 ][ 観光・レジャー:観光地・レジャー施設 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
詰め所に居ると、瓦投げを出来るのは何処?と言って入ってこられるのは、中年、高齢者の方です。

そんな方は、昔、「修学旅行できた」というお客さんです。

何十年も前のことだけど、覚えているのは
「瓦投げをしたのと、値段が高くて食べられなかったイイダコおでんの匂い」
だそうです。

山上の建物も変わっていますが、瓦投げの場所に立ち、海を見ると、「ああ、ここで投げたんや」と懐かしそうに話をします。

最近の修学旅行は、遠隔地への修学旅行が多く、一時多かった屋島の修学旅行は見たことがありません。

中高年のリピーターのお話から、
観光地は、ただ見せるだけの観光地ではいけない。
もう一度行ってみたい、と何年か後にでも願望が出てくるような観光地でなければ、発展しないのではなかろうか。私見です。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25542
コメント
From:ちえぞうさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/11 22:29 ] Re:ガイド詰所から(昔の記憶を呼び覚ます瓦投げ)

またまたです。
父は、八十八箇所めぐりをはじめたので、たぶん今年中にまた訪れると思います。
From:ちえぞうさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/11 22:27 ] Re:ガイド詰所から(昔の記憶を呼び覚ます瓦投げ)
あほるままさん、こんばんは。
私の父も修学旅行で、屋島に行ったそうです。
2年ほど前に、40何年か振りに一緒にいきました。
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/11 19:03 ] Re:ガイド詰所から(昔の記憶を呼び覚ます瓦投げ)
私の姪も屋島でかわら投げしたと云います。
そして甚五郎で泊りました。今は、あちこちが荒れ果てて寂しいですね。
2006年06月10日

ガイド詰所から(平家の末裔を名乗る人)


[ 19:02 ][ 観光・レジャー:観光地・レジャー施設 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
屋島寺の梵鐘は、重用文化財となって県下では2番目に古いものです。

平家33年の供養のために、平家の残党が、持ち寄って作った鐘と地もとでは云われています。
屋島寺の山門を上がった西側広場には、源平合戦800年記念の慰霊塔と屋島での合戦絵屏風があります。
昨年、ご案内した家族連れは、絵屏風に描かれた合戦の話に及ぶと、途中で、石の屏風にもたれて感極まった様子で老婦人が泣き出しました。

しばらくして、老婦人は、
「私は平家の末裔です。下関にも行ってきました。今日、屋島に立ち寄って本当に良かった。一度来たかったところで、もう思い残すこともありません。有り難う。」とお礼を言って下さった。

観光客は、それぞれ思いも違うし、来県の目的も違うのですが、お客さんから、「来て良かった」と言って下さることが、ガイドにとって一番うれしい時でしょう。

貴方は、源氏びいき?平家びいき?頼朝派?義経派?
歴史物語は、見る人、作る人が違ったら又異なった物語が生まれる。
だから、NHKの大河ドラマでも、何回も取り上げられるのでしょう。源平の物語は不滅です。
今日の午後7時過ぎ、自宅からの夕焼けです。
ちょっと気がつく時間が遅過ぎました。

平家びいきの人が見ると、夕焼けは悲しくて、美しすぎるでしょう
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25476
コメント
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/11 01:38 ] Re:ガイド詰所から(平家の末裔を名乗る人)
土日は屋島のガイドさんは大忙しですね。屋島寺の吸引力で全国からのお客様とふれあうことができ、その分とても重要なお役目ですね。
 夕焼けの画像を拝見すると、お住まいは牟礼の方ですね。屋島と五色台を配してとても素晴らしいアングルだと思いました。ときどき夕陽をご案内ください。
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/10 22:25 ] Re:ガイド詰所から(平家の末裔を名乗る人)
ほんとに!今夕の夕焼けは、きれいでした。源氏でも平家でもありませんが。
天満屋のビアガーデンでカメラ持ってくればよかった!と残念がりました。よく遊びます。
2006年06月09日

ガイド詰所から(古城研究しながらのお遍路さん)


[ 22:18 ][ 観光・レジャー:観光地・レジャー施設 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
ガイド詰所に立ち寄って尋ねるお遍路さんも多い。

まずは、次の札所への道順、今夜の宿のこと等も多いが、

「高松城跡への、道順を教えてください。」と言って、
遍路姿の男性が入ってこられた。

高松城跡とは、高松市高松町にある「喜岡城跡」のことである。
 
このお遍路さんは、中部地方の方で、毎年四国遍路をしながら、古城の研究をして居られる。
昨日は十河城趾、前田城趾も尋ねたそうだ。

「勝賀城趾は、行かれましたか?」と聞くと

「去年行きました。高い山の上まで登りました。今年は高松周辺にして、来年東の方にも行く予定です。」

中途半端な知識しかない私は、ちょっと恥ずかしかったが、毎年1ヶ月くらいかけて、四国を重点的に研究するなど、
こんなお遍路さんも居られるんだ、だから、四国遍路は面白いんだ、と思ったのである。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25411
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/10 15:59 ] Re:ガイド詰所から(古城研究しながらのお遍路さん)
いろんなことお勉強なさっている人いらしゃるんですね。私は、歩くばかりです。見習わなくてはと。なかなかできないんです。
2006年06月08日

<b>善通寺創建1200年祭は15日まで</b>


[ 19:00 ][ 観光・レジャー:祭り・イベント ]
善通寺創建1200年祭は、6月15日までです。
記念大法要、展覧会、講演会なども盛大に連日行われています。

昨日、7日に再度善通寺へお詣りに行きました。
団体のお遍路さんも沢山参詣していました。
真言宗連盟による記念慶賛法要が、午後1時から行われました。
納衣姿の僧侶30人が入場するところ。
1500食のうどん接待がありました。
お遍路さんも喜んでお接待を戴いていました。

勿論、私も大変美味しく頂戴しました。
何処のうどん屋のものか、聞かなかったのが残念でした。

午前中に、家で一仕事をして、高速で善通寺へ行ったのですが、空腹でもあったので、なお美味しかったのでしょう。

[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25281
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/09 21:06 ] Re:<b>善通寺創建1200年祭は15日まで</b>
私も今日行ってきました。
記念に念珠を求めました。先日鶴林寺か太龍寺で無くしてしまいましたので。
大勢のお詣りでした。
From:さかな情報さん
マイブログ ] 
[ 2006/06/09 16:15 ] Re:<b>善通寺創建1200年祭は15日まで</b>
創建1200年という節目を見ることができ、感慨深いですね。
今年はまだ行っていませんが、善通寺を訪れたいと思っています。
2006年06月07日

「松江豊寿と二つの俘虜収容所」特別展


[ 19:13 ][ 歴史・文学:人物・文学 ]
鳴門教育大学附属図書館で、松江豊寿と二つの俘虜収容所・・敗者へのいたわり・として、関係資料の特別展がありました。
白虎隊の悲劇で知られる会津若松の出身者、松江豊寿は戊辰戦争に敗れた会津藩士の家に生まれ、幼い頃より、敗者の悲哀を心に刻みながら成長した。

「俘虜は犯罪者でない。彼らも祖国のために立派に戦ったのだから、武士の情けをもって遇したい」との信念で俘虜収容所長として心血を注いだ。

このことから、約1000名を超す収容所で、様々な部活動が生まれ、日独文化の交流もあり、世界でも稀な出来事として賞賛された。
展示館を見て、ロケ村も見て、映画を見ると又違った味わいで映画を見ることが出来るでしょう。特別展は、6月11日までです。
ロケ村は、年中無休です。

勿論、映画が先でもかまいませんが。
バルトの楽園のポスター

6月17日(土)全国東映系(歓喜の)ロードショー
日本初の「第九」の演奏は収容所内広場で行われた。
ドイツ人からパン作りを習ったことから、鳴門市内には、ドイツパンの店も残っている。パンはロケ村、ドイツ村にも売っている。
孫にドイツパンをお土産に持ち帰った。孫は、一時ドイツで住んでいたので、久しぶりで美味しいと云って喜んだ。

ドイツパンは、私たちが美味しいと云って食べるホテルパンの様に、白くて柔らかくは無いが、胡麻、松の実、向日葵の種など入れているので繊維質も多く、健康食である。

日本人が白米ばかり食べると脚気になるが、玄米食や麦飯を食べる方が健康食になるのと似ていると思う。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25149
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/07 21:22 ] Re:「松江豊寿と二つの俘虜収容所」特別展
ドイツ村には行きましたがロケ村のこと松江豊寿のことなど良い勉強になりました。
会津藩士出身だという友達がいて戊辰戦争のこと野口秀世ことなど思いれがありました。子供はお医者さんになりました。
2006年06月06日

<b>バルトの楽園のロケ村</b>見学しました。


[ 18:30 ][ 文化・伝統:文化施設 ]
徳島県鳴門大麻町にある「BANDOロケ村」を見学しました。

入村料500円でした。

今日は閑散としていました。
一番札所霊山寺から近いので、お遍路さんも立ち寄っていました。

右写真は、収容所手前にある、当時の坂東商店街のロケ跡
この坂東収容所長として赴任した松平健扮する、松江豊寿は、会津若松出身で、戊辰戦争の敗者として辛酸を舐めた士族で育った。

このことから、「敗者へのいたわりの心」で俘虜に接したので、ドイツ兵も音楽、スポーツ、に止まらず、地元民との友好も生まれたようです。
特に有名なのが音楽で「第九初演の地」として知られています。

6月4日は、鳴門市文化会館で、鳴門の方180人、全国から第九を歌う会のメンバー等合計580人の演奏会があり、盛況の様でした。
日本人将校の制服を着た案内人の説明があったので当時の時代背景、日本・ドイツの文化交流も十分理解できました
松江所長の配慮もあり、間仕切りもあって恵まれていた
ドイツ収容兵の部屋。


−−−−
ドイツ南部ミュンヘン郊外の最初のユダヤ人強制収容所を訪ねたことを思い出しました。
ガス室、電流を流した有刺鉄線、ずらりと並んだトイレ、かいこ棚のベッドなどもショックでした。
ヒットラー山荘なども観光して日本に帰ったら、「ヒットラーをめぐる将校たち」というTVが放映しており、余りにもショックが大きく眠れない夜が続いたことがありました。
−−−−−−

改めて、収容所長であった松江豊寿の人間性について考えさせられました。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=25036
2006年06月05日

ガイド詰め所から・・所変われば、家紋も変わる?


[ 22:05 ][ 観光・レジャー:観光地・レジャー施設 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
屋島山上駐車場から屋島寺への途中に歓迎塔が立っています。東門がわから見ると左手に、源氏の家紋 「笹りんどう」があります。
右側には平家の家紋、「揚羽蝶」があります。

吉川平家物語でも、揚羽蝶の文様がありますので、平家の家紋はこれと信じていました。

ところが、昨年NHKTV「義経」の上映もあって、ガイドの人達で、下関、壇ノ浦へ研修に行きました。

下関は、平家が滅亡した地でもあり、大半の方は平家びいきだそうです。
皆さんはどちら?

下関では、平家の家紋は揚羽蝶でなく、むかい蝶でありました。

結局、この時代の家紋は、はっきりとは定着してなかったのが結論のようですが。
高松市が採用の揚羽蝶の家紋

[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=24963
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/06 10:15 ] Re:ガイド詰め所から・・所変われば、家紋も変わる?
『家紋」
いいですね。
きれいに取り込み出来ていて敬服します。
勉強にもなります。
From:キャプテンさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/06 00:37 ] Re:ガイド詰め所から・・所変われば、家紋も変わる?
観光ボランティアガイド屋島の活動はとても活発でご苦労様です。
私はサンポートから腰が引けはじめ、島々との人間交流に気持ちが傾いています。
Captainは平家びいきで〜す。
赤間宮には数回訪れました。新平家、時間のあるうちに再読しなければと思っています。
2006年06月04日

ガイド詰所から見るお客さん・・三角点を探して


[ 20:12 ][ 自然・環境:海・山・空・池 ][ 屋島ガイド詰め所 ]
高松市屋島観光ボランティアガイドの詰所は、屋島寺東門を出たところにあります。

詰所を尋ねてくるお客さんは、目的を持ったお客さんが多いですね。

観光客として、屋島山上に上がってこられるお客さんにも、
団体遍路、歩き遍路、観光バスツアー、個人観光など色々居られますが、
お客さんのニーズは違っていますので、少しずつ紹介します。
屋島南嶺には、一等三角点があります全国の一等三角点を探して歩くお客さんを案内したこともあります。
屋島の一等三角点は、今は展望もききませんが、いとおしそうに三角点を撫でて帰られるお客さんも居られます。

遊歩道から、三角点のあるところを見る。

山に登る方は、三角点を撫でる方が多いですね。
今日は、元気な人達がサンポートから屋島へ登ってこられました。

久しぶりに、屋島が活気づきました。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=24864
コメント
From:みちきさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/05 17:48 ] Re:ガイド詰所から見るお客さん・・三角点を探して
今日は、毎日暑い天気が続きますね、何時も参考になるーーカキコありがとうございます、
屋島の記事も嬉しいですね初めて知りました、香川の掲示板もこうありたいものと考えさせられます、有難う。
一人一人が良いものを持っていますのでーー出し合ってリッパな掲示板にしましょう。
2006年06月03日

大学の遍路の授業とは?


[ 19:10 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
写メ−ルで歩き遍路の中継をしました。最終のメールを掲載します。

−−−−−メールからーーーー

お遍路の授業というのは「四国遍路と地域文化」という授業です。
お遍路について知ると共に,歩きながら(教師としての)自分を振り返り,素晴らしい教師に生まれ変わることをねらった授業です。

去年の行程は…
1日目:大学よりバスで霊山寺へ→出発,各札所で納経&時々住職からお話を聞く→安楽寺まで→安楽寺宿坊にて宿泊

2日目:藤井寺まで歩き遍路→バスで安楽寺に戻り宿坊で宿泊

3日目:バスで藤井寺へ→焼山寺,杖杉庵まで歩く→バスで大学へ

というもので,1万5千円程度の費用がかかったそうです。

で,レポートを書いて終わりという授業です。

面白い授業でしょ?3日間歩いてレポート書いたら単位がもらえるんですよ。(ボクの場合は,すでにレポートには十分すぎる材料がそろいましたが…)

−−−−−−あほるままからのコメント−−−−−−−−−

写メールで私も楽しませて貰いました。有り難う。
大学の授業での遍路の行程・金額こんなものでしょう。

是ならば、無理なく歩けるでしょう。
でも足が痛くなったりしたことで、弱者への思いやりも出来ることでしょう。
わいわい言いながら、大勢揃っての遍路では、本当の歩き遍路の醍醐味は味わえないように思えます。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=24754
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/04 07:57 ] Re:大学の遍路の授業とは?
きっと何かを学んだことでしょう。
今、これが解った なんてものではないですよね。
だけど、きっと又歩きたくなることでしょう。
2006年06月02日

写メール中継終了、膝の痛みは?


[ 19:13 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
写メール中継は終了しました。その後の結果報告のメールを掲載します。
−−−−−−−−−−−メールから−−−−

膝は,はたして良くなっているのか
膝の具合は、少しずつ良くはなっているようです。(夕方になると、1日の疲れで痛くなります)

でも、2日間歩きまくったおかげで…体脂肪率がぬぁんと5%も減りました。
昨年度、受けられなかった授業の行程は完璧にクリア
(授業でも、杖杉庵までしか歩いていない)したので、次は9月にある今年の授業で大日寺から太龍寺まで3日間で歩きます。

夏休みに1週間ぐらいかけて、平等寺から高知の神峯寺か大日寺ぐらいまで行きたいとおもっています。

が、まずは膝を治さなければ…。

−−−−−−あほるままからのコメント−−−

歩き遍路が、初めにつまずくのは、始めて2〜3日を頑張りすぎることだそうです。
だから、徳島に入ってまめを作って入院、足が動かなくて、帰宅とかも聞きます。
若い人は、普段長距離を歩いてなくて、荷物も重いし、とばすから膝に来たのだと思います。

それと、日本人は、穀物つまり握り飯を食べて歩くようになっているそうですよ。倹約も良いけど、今度、握り飯代をお接待しましょうか?

行けるときに行って体験することって大事です。お大事に!
−−−−−−−−−
誰でもWEBの「私の絵手紙」、ギャラリーの入れ替えをしました。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=24648
2006年06月01日

写メール中継(歩き遍路、もうギブアップ!)


[ 18:44 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
燒山寺にようやく到着…
膝が痛くて、坂を下りるのは困難のようです。

下のバス停まではどうしても歩かなくちゃ・・・。
くだり坂は1歩ごとに激痛が走ります。たった1.6キロなのに1時間もかかりました。
杖杉庵に辿り着きました。

これから、未だバス停まで下りが待っています。

歩くたびに膝に応えるので、最後は後ろ向きに歩いたら、楽でした。
車の人は、おかしかっただろうな・・・




やっとのことでバス停にたどり着きました。あとはのんびり帰るだけ。

鍋岩バス停産直市で、梅干しを買ったら、おばさんが甘夏柑2個付けてくれました。
家に帰ったら、梅干し一杯漬けているのを忘れていました。

食堂にも寄らず、燒山寺の200円のうどんが美味しいと聞いていたので、楽しみにしていたのに、店が見あたらず、がっかりしました。

食べ物に金を殆ど出さずに、カロリーメイト等で歩きましたが、最初で最後の食料費でした。笑われるね・・

明日のお昼には高松でのびてるかな?
では…報告終了
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=24580
コメント
From:にっとさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/01 20:53 ] Re:写メール中継(歩き遍路、もうギブアップ!)
あほるままさん。
今晩は、コメントありがとう。
歩き遍路、頑張っていられるのですね。
私も八十八ヶ所お参りしたいと思っておりますが・・・・色々勉強させて頂きます。
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/06/01 19:04 ] Re:写メール中継(歩き遍路、もうギブアップ!)
お疲れ様でした。
焼山寺の道は歩き遍路の大変さを凝縮している道ですね。左右内の里の下りと最後の登りはほんとにしんどかったこと思い出しました。