あほるままさんのブログ
ブログに書込みできません
あほるまま
≫ 詳細はこちら
<  2006年02月  >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
ブックマークする
メッセージを送る
友だち申請をする


全体表示(3011

定番ジャンル(136)
  • うどん(1
  • まち・生活・学校(13
  • 観光・レジャー(73
  • 文化・伝統(40
  • 自然・環境(8
  • 歴史・文学(1

マイジャンル(56)
  • 生活 (3
  • 旅行 (1
  • 遍路・お詣り (6
  • ボランティア活動 (2
  • 絵手紙(友達) (3
  • 屋島ガイド詰め所 (10
  • 要約筆記 (3
  • 絵手紙 (28

ブログ内検索

メニュー

最新コメント

アクセス数
今日のアクセス数 31
昨日のアクセス数 190
総アクセス数 534707
2006年02月28日

鯖大師で


[ 17:34 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
ビジネスホテルから27キロの鯖大師に12時前に到着した。

徳島県は、歩き遍路に対して積極的になった。
牟岐警察署の前を通ると、署の前に「お遍路さん、どうぞお立ち寄り下さい」と看板があり、ガラス越しに入り口で2人ぐらいの歩き遍路が腰掛けていたのが見えた。

後で聞いたところでは、暗いトンネルを通過するので、蛍光塗料のタスキをくれるそうです。
お堅い官庁がお遍路に対しての交通安全に気を遣っているのが分かる。

他でも、無料休憩所が設置されていて助かった。
鯖大師には、鯖絶ち三年祈願の看板が目を引いた。
鯖を三年間絶つことで病気平癒等の心願成就をお願いするものだ。

「私も、鯖だったら、絶つのは辛くない」・・と言う人もあったが、庶民にとって、大切な栄養源であっただろう。

マグロのトロ・イクラもウニも何年も絶っていると言って笑った。(もっとまじめに考えなさい。(自責)


[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15842
2006年02月27日

23番薬王寺へ


[ 19:44 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
民宿6:30・・(22番)平等寺・・卍月夜お水庵・・福井トンネル・・・星越トンネル・・久望トンネル・・(23番)薬王寺・・・日和佐海岸散策・・ビジネスホテル泊

宿から、大根峠(H250m)を越え、平等寺に着いた。
山門を出ようとすると、参詣の老婦人から「帰りのタクシーは千円で足りるから、これお接待」と言って千円札1枚を頂戴した。

「私は、毎月お詣りに来てるけど、タクシーでなければよう来ないから・・」と言って、歩いている私たち女性にお接待をして下さった。(歩き遍路は数人の男性が休んでいたのだが。)

 月夜お水庵からは殆ど国道ばかりを進み、嫌なトンネルを3つも歩いた。

国道を歩いているのは、数名の歩き遍路ばかりだが
抜きつ抜かれつのマイペースで歩くのはのどかな風景である。


阿波の国最後の札所薬王寺には、午後2時頃到着した。
門前でゆっくり昼食を済ませて、念入りに薬王寺へお詣りした。

日和佐駅前に、ビジネスホテルを予約していたので、、夕方、貸し自転車で日和佐海岸までサイクリングした。


本日の歩行 29.2キロ 素泊まり 4,250円
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15706
コメント
From:さかな情報さん
マイブログ ] 
[ 2006/02/28 15:59 ] Re:23番薬王寺へ
こんにちは! 歩き遍路されていたのですね。
時間と費用、距離等は、とっても参考になり、役立ちます。
2006年02月26日

立江寺から出発


[ 12:52 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
阿波遍路2回目(平成13年3月21日から2泊3日)

立江駅着8:55
(19)立江寺から歩き始めた。

車遍路は、終われば、次のお寺から始めるが、歩き遍路は、最終の寺から歩くのが原則です。

区切り打ちでは、どこで区切るか、日程・体力を考えて予定を組みます。

普通4〜50日かかって歩きとおすのが、通し打ちと言います。


立江寺から約10キロの沼江で大木の彼岸桜が咲いていて、向かいのお菓子屋さんから、茶菓子のお接待をいただいた。


20番鶴林寺(H500)では、寺のすぐ上にある鶴林寺山
を登った。

下って那賀川をわたり、21番太龍寺(H520)へ登った。

 太龍寺山門近くの北舎心ヶ嶽にもお詣りした。

ハイキングで鶴林寺、太龍寺など実施したが、一つの山しか登れないのに、今日は立江駅からの徒歩で、2日分山登りをしたので満足した。
その代わり、色々回りすぎて、太龍寺から麓の民宿までは走るようにして下った。

太龍寺は、ロープウエイが出来るまでは、駐車場からでも難所と言われた。
 今はゴンドラで渓谷を楽しみながらのおまいりとなっている。

本日の歩行 24.5キロ 民宿泊 2食付き6,500円


昨日の掲示板では、雛祭りに行ったことをかきました。
雛祭りに寄せて、誰WEB「私の絵手紙更新しました。
見てくださいね。

[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15564
2006年02月25日

お遍路の合間には(引田雛祭り)


[ 19:57 ][ 観光・レジャー:祭り・イベント ]
引田の雛祭りに行ってきました。一昨年も行きましたがPRと地区の方の協力で年々賑やかになっていました。

M医院の入り口では、、白衣の市松人形が出迎えていて、「雛たちの診療所」と看板が出ていました。

座敷雛が多いのですが、それぞれの仕事や家庭にあわせて工夫されていました。


お遍路から帰れば、主婦の仕事が山積みです。
それでも、次の予定があれば、仕事がはかどります。
家族への感謝の気持ちも素直に出せます。

次の遍路までに写経など準備もあり、緊張の日々を送れます。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15489
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/02/26 08:59 ] Re:お遍路の合間には(引田雛祭り)
あほるままさんへ、

 引田のお雛様やこども歌舞伎もよかったですね
 思ったより多くの人出でした。
 お天気もよかったし。
 ななきん
2006年02月24日

最後の立江寺で雪


[ 16:15 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
13番大日寺6時半・・・・・19番立江寺16時半→JR高松へ

宿で前夜から貰っていたむすびで朝食。

17番井戸寺から18番恩山寺への遍路道は、峠越えと市内通過の迂回路がある。雨であったので市内周りとした。(前回は峠越え

4日目に初めて食堂で昼食をとった。久しぶりの肉料理(と言っても800円)でむすびや、パンなどで済ませた体には、豪勢で美味であった。



18番恩山寺を出て、遍路道は義経街道(屋島へ来る途中のみち)と一緒になるが、遍路道の標識が倒れていて、道を間違えた。

道に間違っても、一人であると不安だが、4人グループで、しかも時間と体力にゆとりがあったので、失敗しても大笑いしてすんだ。標識が倒れていたので向きを変えておいた。

立江寺を出る時から吹雪になった。
今日で、今回は打ち切りにしたので、雪景色を眺めるだけで終わった。


本日の歩行30.2キロ

参考

4日間の歩行距離102.4キロ
経費 宿泊費 17,500円(3泊分)
自宅からの往復旅費 3790円
その他(飲食、土産など)

合計 24,713円


次回から、立江寺から、薬王寺、鯖大師(海部駅)まで
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15394
コメント
From:あほるままさん
[ 2006/02/25 20:49 ] Re:最後の立江寺で雪
七きんさん、26日から掲示板では、立江寺から出発します。
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/02/25 16:45 ] Re:最後の立江寺で雪
あほるままさんへ

 もう、立江時まで進まれたのですね。
 雪景色きれいです。
 鶴林寺までは、だいぶ距離ありますね!

 ななきん
 

2006年02月23日

梅の香満喫の遍路道


[ 20:44 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
柳水庵6時〜12番燒山寺9時〜杖杉庵〜13番大日寺16時着

四国遍路の祖、衛門三郎最後の地と言われる杖杉庵横の像
燒山寺から4キロ麓の鍋岩から玉ヶ峠(H480m)に登る。

峠は小さなお地蔵さんが見守ってくれている静かな所である。
玉ヶ峠からの下りは梅林がつづく。

峠を下ってゆくと右手に鮎喰川が谷間を蛇行して流れているのが見えて来る。

車でないから、歩くにしたがって、清流が近づいて来るのが、実に楽しい。

それに、梅の香りがして、私の遍路道10選の一つである。
阿川梅祭りの会場は、峠を下った阿野から左折してゆく。
混雑して、おでんやうどん出汁が梅の香りとミックスしている。
梅の香り満喫出来る遍路道である。
私は、3月にはこの遍路道がお勧めである。



今日の歩行28キロ、
ペンション泊 夕食とむすびつき 6800円
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15341
2006年02月22日

吉野川を渡って、柳水庵泊


[ 08:21 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
2日目は9番→10→11番→柳水庵泊。

10番切幡寺本堂奥の切幡観音像は、美しく、エロチックとさえ感じられる像である。

ある遍路の記録に、像を見てやましい気持ちが湧いて・・とあったのを思い出した。(前の老女が邪魔)
吉野川沈下橋を一つ渡ると、中州に出る。
整備された農園が拡がり、菜花の盛りである.NHKなど四国遍路の代表的な映像は、菜の花畠をしずしずと白衣の遍路が歩いている。

今 あのシーンのようにしずしずと歩けない。私にとっては重い荷物を背負って、歩いているのだが、歩かせて貰っている幸せを感じる場所でもあった。
吉野川の沈下橋からの風景は、いつ見てものどかな風景である。
水の流れる川を知らない讃岐山育ちは、美しい川を見ると、よけい感動する。

歩き遍路に人気のあった柳水庵に泊まった。
 
 五右衛門風呂に入って、美味しい手料理をいただいた。同宿は男性2人であった。

本日の歩行22キロ、宿泊料 2食付き 5000円
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15241
2006年02月21日

1番霊山寺で出発宣言


[ 19:35 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
友人4人と歩き遍路の出発である。
1番霊山寺で歩き遍路ノートに記帳した。(8時半)
大学ノートが納経所にあって、毎日出発日と氏名を書く。

今日は、私たちが初めての記帳であった。(昨日は4人)
遍路は一番からの出発とは限られていないが、四国を一巡して、お礼参りの日を記帳するのは満足感を味わえる。

3番から、遍路道に入り梅林を抜けると愛染院がある。



愛染院は、腰から下の病気に効くと言われ、壁側に歩けるようにとの願いでもあるのか、草鞋がギッシリ積まれていた。

歩き遍路で一番大事なものは足だから、私は草鞋を奉納はしなかったが、祈ったのはもちろんである。


7番十楽寺門前の水子地蔵の持つ風車が回っていてかわいらしかった。

本日の歩行 約23キロ
8番下の民宿泊(2食付き6000円)


[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15202
2006年02月20日

2回目の遍路日記


[ 15:42 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ][ 遍路・お詣り ]
歩きのお遍路さんが増えています。

 歩き遍路の姿を見ると、心が騒ぎます。歩いてのお遍路を体験したら、又行きたくなるのが、お四国病だそうです。私もその一人です。

ところが、今足を壊して歩けません。溜まるのは、皮下脂肪とストレスと膝の水ばかりです。

そこで、2回目の遍路日記を開いて心の遍路をしたいと思っています。

なお1回目の遍路の記録は「女たちの遍路日記」として
公開しています。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15093
コメント
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/02/24 14:34 ] Re:2回目の遍路日記
あほるままさんへ

お遍路もだいぶ進まれましたね。
なつかしい玉が峠と鮎喰川、それに梅の里の写真
とてもきれいです。季節が、まさに今です!

心が癒される掲示板ありがとうございます。これからも楽しみに見せていただきます。
 ななきん
From:なびりんさん
マイブログ ] 
[ 2006/02/20 23:13 ] Re:2回目の遍路日記
昨日はお世話になりました
祝!掲示板デビュー♪
楽しみにしていますね〜 なにかを始めるって
ワクワクしますね。勉強になりますし^^
心強い味方(あほるさん)もいらっしゃるし、
頑張ってくださいね^^
From:七きんさん
マイブログ ] 
[ 2006/02/20 21:44 ] Re:2回目の遍路日記

あほるママさん
 
 カンパイ!拝見しまた。おめでとうぐざいます。

 楽しみにしています。私も今、車ですがお遍路まわっています。「女たちの(歩き)遍路日記」とともになにかと参考にさして頂きます。頑張れ先輩!
 ななきん
From:かあちゃんさん
マイブログ ] 
[ 2006/02/20 17:39 ] Re:2回目の遍路日記
掲示板開設おめでとう御座います。
辻さんの向上心を、見習なければと思いますが
なかなか私には思い切りが無く、出来ません。
これからも楽しみに拝見します。 山本
From:レンズ豆さん
マイブログ ] 
[ 2006/02/20 17:37 ] Re:2回目の遍路日記
あほるままさん、昨日はお疲れ様でした!

掲示板の開設、おめでとうございます。
心の遍路の結願まで、どうぞマイペースで頑張ってください。
私もいつかはお遍路をしたいな〜と思っているので
参考にさせていただきます。(^o^)

第一回目の結願


[ 15:19 ][ 観光・レジャー:お遍路さん・八十八ヶ所 ]
第一回目の結願は、平成12年1月10日でした。

第2回目は平成13年3月からです。5年前のことです。
松山にある「へんろみち保存協力会」から、貰ったものです。
[ コメントを書く ] [ 関連する記事(トラックバック)を書く ]
トラックバックURL:http://keijiban.e-topia-kagawa.jp/bbs/TrackBackServlet.asp?blogid=15092